「ちいさいおうち」もあります(イギリス・レッチワース田園都市)

(2013年8月に訪問した時の記録です。)レッチワースは田園調布がモデルにした町…と聞くと、「高級住宅街なのね」と思われてしまいそうですが、それは違います。たしかに大きな家もあり、またおしなべて屋外空間は非常にゆったり取られていますが、「家のサイズ」だけに着目してよくよく見ていると、コンパクトなおうちも用意されています。

いや…これは「デパートで見た家具が家に配達されると入らない現象」で、実は大きいんじゃないの?(全体の風景が大きいから小さく見える)…と疑いたくなるかもしれませんが…いやいや僕は巻き尺あててないし、たしかに庭や外構はゆったりしているものの、家だけを集中して見れば、そう大きくもないのでは?と思います。ワンフロアの「高さ」に関していえば、日本よりずいぶん高いような気はしますが。

レッチワース田園都市のオリジナルのコンセプトは「一般の勤労者に良い環境を」ということであって、その意味では日本のニュータウンと変わりません。しかし、その「良い」部分を保とうと1世紀以上頑張った結果、プレミアムが生じてしまっていることは、たしかなようです。「良い住宅街」のジレンマですね。値段が高くなれば、若い家族はやって来にくい…。

1世帯あたりの平均人員は2.3人ということでした。これは千里の状況とあまり変わらない数字で、勝手に親しみを感じてしまいましたよ。2.3人であれば、あまり家が大きくても暮らしにくいでしょう。掃除とか…光熱費とか…庭の手入れとか…。しかもレッチワースの場合、庭が草ボーボーでも自分の庭ですから!という開き直りは通用しないようです。ちゃんと維持できないと、いけないのです。(おカネがあれば業者に頼むという手もあるか…)

「華美ではない上質」というバランスが、この町では働いているようでした。(つづく

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

好評発売中!

樹林舎刊の写真集『吹田市の昭和』の千里ニュータウン部分を中心に、コラム執筆や写真のアレンジ、事実関係の確認などを担当しました。限定1,500部。書店でお申し込みください。

好評配布中!〔無料〕

千里ニュータウンの最新状況がわかる「千里ニュータウンマップ2018」の制作をお手伝いしました。このマップは南千里駅前の「吹田市立千里ニュータウン情報館」で配布しています。2013年版も在庫があります。

好評発売中!

吹田市立博物館とパルテノン多摩の2018年共同企画「ニュータウン誕生」の展示・図録制作をお手伝いしました。図録購入(吹田版)はこちら。多摩版はこちら。(内容は同じです)

アーカイブ

ページ上部へ戻る