ドッグランもあるニュータウン(北海道・おたる望洋パークタウン)

北海道のニュータウンレポートを続けます。
こちらはニュータウンの一角に設けられたドッグラン。朝早かったせいか猫一匹いませんでしたが…。現地の看板には「試験的に一般開放」と、あくまでも試験中であることを強調していましたが、昼間はどうなんでしょうね。千歳のニュータウンの「ハヤブサ公園」に行った時も「ワンワンふれあい広場」なるものがありましたから、北海道のニュータウン人は犬がお好き?広ーい北海道の広ーいニュータウンに住むと犬が飼いたくなる?(冬の間はどうしてるんだろう…?)
大阪・千里ニュータウンも、定められたドッグランはありませんが、戸建を中心に犬を飼っている人はけっこういるようです。犬好きが集まる公園も…。実は私の上司が10年ほど前に藤白台に越してきて、犬を飼っているのですが、散歩で町を歩き回るし、犬が好きな人同士は自然とおしゃべりするので、町のことを実によく知っているのです…40年この町を知ってる僕が負けるほど…。それに犬と歩き回る範囲が広いので、情報の範囲も広い!近隣住区理論をいまや一番実践しているのは愛犬家?
…昔はそういう情報網は子供を通じて保たれていたものですが、少子化の21世紀、その役割を犬が担っているのかも?愛犬は町のカスガイ?…ってことまで計算してドッグラン造ってるんだとしたら、ここの仕掛け人は相当たいしたものです。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

好評発売中!

樹林舎刊の写真集『吹田市の昭和』の千里ニュータウン部分を中心に、コラム執筆や写真のアレンジ、事実関係の確認などを担当しました。限定1,500部。書店でお申し込みください。

好評配布中!〔無料〕

千里ニュータウンの最新状況がわかる「千里ニュータウンマップ2018」の制作をお手伝いしました。このマップは南千里駅前の「吹田市立千里ニュータウン情報館」で配布しています。2013年版も在庫があります。

好評発売中!

吹田市立博物館とパルテノン多摩の2018年共同企画「ニュータウン誕生」の展示・図録制作をお手伝いしました。図録購入(吹田版)はこちら。多摩版はこちら。(内容は同じです)

アーカイブ

ページ上部へ戻る