車道を行き止まりにして歩行者専用の抜け道(フットパス)でつなぐ…という街区構成は全国のニュータウンで見られますが(こんなこんな)、車止めのデザインにはさまざまなバリエーションがあります。
ここ千里ニュータウンの豊中市側、新千里北町では、いろいろな動物が配置されています。ここはリス。これは一点物じゃなくて、あちこち歩くと同じものが複数見つかりますから、神経衰弱オリエンテーリングができそうです。
藤白台にもフットパスはたくさんありますが、こういう動物の車止めはないので、千里ニュータウン中のデザインの分布はどうなっているんでしょう?誰か調べた人いないのかな。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

好評発売中!

樹林舎刊の写真集『吹田市の昭和』の千里ニュータウン部分を中心に、コラム執筆や写真のアレンジ、事実関係の確認などを担当しました。限定1,500部。書店でお申し込みください。

好評配布中!〔無料〕

千里ニュータウンの最新状況がわかる「千里ニュータウンマップ2018」の制作をお手伝いしました。このマップは南千里駅前の「吹田市立千里ニュータウン情報館」で配布しています。2013年版も在庫があります。

好評発売中!

吹田市立博物館とパルテノン多摩の2018年共同企画「ニュータウン誕生」の展示・図録制作をお手伝いしました。図録購入(吹田版)はこちら。多摩版はこちら。(内容は同じです)

アーカイブ

最近のコメント

ページ上部へ戻る