蓮に浮かぶ団地(上海郊外・七宝)

2回前のアングルと似てるけど、もう一枚!水路に浮かぶのは、蓮の花…こういうところが中国らしい。日本だと、あるようでない景色。水路はスムーズな排水のために「何も浮かんでいない」状態に保ってしまうでしょう。
この蓮は計画的に入れたのか?勝手に生えてきたのか?…そのへんはわかりませんが。親水性という点でいうと、安全とか訴訟のことばかり考えて水から人を遠ざけてしまう日本の大半の町よりずっとこういうほうが「いい感じ」です。
中国はこういうお洒落に修景した場所ではつるつるの路面仕上げが大好きで、ほんとにはまりそうで怖かったですが…こんな雨のさなかにいい大人が水面に近づくのは自己責任ですよね。近所の人と団地一階の雀荘でマージャンやってるほうが真っ当な雨の日の過ごし方という気がします。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

好評発売中!

樹林舎刊の写真集『吹田市の昭和』の千里ニュータウン部分を中心に、コラム執筆や写真のアレンジ、事実関係の確認などを担当しました。限定1,500部。書店でお申し込みください。

好評配布中!〔無料〕

千里ニュータウンの最新状況がわかる「千里ニュータウンマップ2018」の制作をお手伝いしました。このマップは南千里駅前の「吹田市立千里ニュータウン情報館」で配布しています。2013年版も在庫があります。

好評発売中!

吹田市立博物館とパルテノン多摩の2018年共同企画「ニュータウン誕生」の展示・図録制作をお手伝いしました。図録購入(吹田版)はこちら。多摩版はこちら。(内容は同じです)

アーカイブ

ページ上部へ戻る