泉北ニュータウンは収穫の季節

7月に行ったときより、だいぶん黄金色になってきました…。彼岸花も咲いていました。泉北は千里と違ってニュータウンを取り囲む「周辺緑地」がないため、このように丘の上のニュータウンと谷筋の農村が連続した風景が見られます。ここは上神谷(にわだに)米というブランド米が取れるそうです。

泉北ニュータウンは千里と同じ大阪府企業局が設計した「弟分」で基本はやはり似ていますが、周辺とのつながりはハッキリ違う個性が持たされています。千里は分断されているが泉北は連続している。そこは千里をやってみて、大阪府の設計者も考えたんでしょうね。泉北の周辺は市街化調整区域で宅地化できないので、このような風景が今も保たれています。

この投稿は2016年10月10日にfacebookに投稿した文章に加筆したものです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2019年 7月 22日

好評発売中!

樹林舎刊の写真集『吹田市の昭和』の千里ニュータウン部分を中心に、コラム執筆や写真のアレンジ、事実関係の確認などを担当しました。限定1,500部。書店でお申し込みください。

好評配布中!〔無料〕

千里ニュータウンの最新状況がわかる「千里ニュータウンマップ2018」の制作をお手伝いしました。このマップは南千里駅前の「吹田市立千里ニュータウン情報館」で配布しています。2013年版も在庫があります。

好評発売中!

吹田市立博物館とパルテノン多摩の2018年共同企画「ニュータウン誕生」の展示・図録制作をお手伝いしました。図録購入(吹田版)はこちら。多摩版はこちら。(内容は同じです)

アーカイブ

ページ上部へ戻る