映画『みなさん、さようなら』

映画『みなさん、さようなら』を見ました。一生団地から出ないと決めた(出られなくなった)男の子の18年間の物話。ニュータウンに残ってしまった自分に重ね合わせて身につまされる~ってだけでなく、「変わりたくなくても人は変わっていく、変わらなくてはならない」「人を見送る淋しさ」という普遍的なテーマが団地関係者以外にもオススメです。80年代のシーンでプリウスが映ったり、時代考証が少し甘いのが気になったけど…主演の濱田岳はなかなかのもんです。

前に読んだ原作(久保寺健彦著)も素晴らしくて、同級生がひとりひとり団地から出ていくさまが胸に迫りました。人口減少時代の物語と読むこともできます。(写真は千里北公園から千里中央方面)

この投稿は2013年1月29日にfacebookに投稿した文章に加筆したものです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

好評発売中!

樹林舎刊の写真集『吹田市の昭和』の千里ニュータウン部分を中心に、コラム執筆や写真のアレンジ、事実関係の確認などを担当しました。限定1,500部。書店でお申し込みください。

好評配布中!〔無料〕

千里ニュータウンの最新状況がわかる「千里ニュータウンマップ2018」の制作をお手伝いしました。このマップは南千里駅前の「吹田市立千里ニュータウン情報館」で配布しています。2013年版も在庫があります。

好評発売中!

吹田市立博物館とパルテノン多摩の2018年共同企画「ニュータウン誕生」の展示・図録制作をお手伝いしました。図録購入(吹田版)はこちら。多摩版はこちら。(内容は同じです)

アーカイブ

ページ上部へ戻る