遠くの町の仲間たち…西宮名塩ニュータウン(兵庫)

兵庫県ニュータウン巡りの3つめ。「西宮名塩ニュータウン」はよくこんな急斜面開発したなというビックリ立地で、町全体が斜面!六甲山の裏手にあたります。JR宝塚線の「西宮名塩」駅から斜行エレベーターがついてるのが有名ですが、バブル期の開発で設計は凝りまくっていて見ごたえあり。駅は谷底の渓谷をまたいでムリヤリはめこんでます。非常にアクロバティック。この地域の開発とシンクロして、JRも複線電化して一部路線を付け替えて大改造したのですが、日本の土木技術をバブルにまかせてツッこんだ観があります。

ただし上半分はバブルがはじけて未完成。Googleの航空写真では幹線道路までできてるようですが未完成区域の入口にはバリケードがあって入れませんでした。街路灯までいかにも特注デザインなのに…。

それぞれのニュータウンが時代と物語をしょっています。1日に3つニュータウン回って、帰ってきてから家の草引きやったのでへとへとです。

この投稿は2014年4月27日にfacebookに投稿した文章に加筆したものです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

好評発売中!

樹林舎刊の写真集『吹田市の昭和』の千里ニュータウン部分を中心に、コラム執筆や写真のアレンジ、事実関係の確認などを担当しました。限定1,500部。書店でお申し込みください。

好評配布中!〔無料〕

千里ニュータウンの最新状況がわかる「千里ニュータウンマップ2018」の制作をお手伝いしました。このマップは南千里駅前の「吹田市立千里ニュータウン情報館」で配布しています。2013年版も在庫があります。

好評発売中!

吹田市立博物館とパルテノン多摩の2018年共同企画「ニュータウン誕生」の展示・図録制作をお手伝いしました。図録購入(吹田版)はこちら。多摩版はこちら。(内容は同じです)

アーカイブ

ページ上部へ戻る