やっと万博会場に到達!(カザフスタン・アスタナ)

ニュータウン・新都市開発のほうが関心が強いものでなかなか万博会場をご紹介できていませんでしたが、これがアスタナ万博会場の「目玉」。会場面積は25ヘクタールなので千里の万博公園(264ヘクタール)から見ると1割にも満たない広さですが、現実の都市のほうが万博会場みたいなので、万博会場はこれぐらいいっとかないと未来のプレゼンにならないという感じです。(それでもジミに見えますが…)

この万博は「認定博」と呼ばれる「小さな万博」で、開催期間も3ヵ月しかないため、会場はそのまま見本市会場への転用を考えて「恒久施設」として造られています。この「目玉」は会場の真ん中にある「カザフスタン館」で、「Future Energy…未来のエネルギー」というテーマについて訴える、テーマ館に等しい存在感を放っています。全体でほぼ8階建。

この写真で左半分だけ紗のようなものが建物にかかっていますが、暑すぎるのです…こういう全面球体ガラス張りの建物は。

全体にコンパクトではありますが、それでも万博ならではの「わくわく感」が伝わってきます。

この投稿は2017年7月19日にfacebookに投稿した文章に加筆したものです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2019年 8月 12日

好評発売中!

CITY LIFE刊のムックガイド。「歴史文化」「まちづくり」の取材が丁寧で大充実。「北千里を歩く象」の記事で協力しました。こちらから購入できます。

好評発売中!

樹林舎刊の写真集『吹田市の昭和』の千里ニュータウン部分を中心に、コラム執筆や写真のアレンジ、事実関係の確認などを担当しました。限定1,500部。書店でお申し込みください。

好評配布中!〔無料〕

千里ニュータウンの最新状況がわかる「千里ニュータウンマップ2018」の制作をお手伝いしました。このマップは南千里駅前の「吹田市立千里ニュータウン情報館」で配布しています。2013年版も在庫があります。

好評発売中!

吹田市立博物館とパルテノン多摩の2018年共同企画「ニュータウン誕生」の展示・図録制作をお手伝いしました。図録購入(吹田版)はこちら。多摩版はこちら。(内容は同じです)

アーカイブ

ページ上部へ戻る