ベランダがない住棟(韓国・果川新都市)

未建替で最初から高層の8団地に戻って、住棟を南側からクローズアップしてみました。日本の団地と大きく違うのは、オープンエアのベランダがないですね。ガラスで覆われてサンルームのようになっています。ベランダがないので、エアコンの室外機は手すりの外側に掛けられています。(こわい~落ちないのかな?)

ソウルは大阪や東京よりずっと寒いわけですが、日本ではどんな寒冷地に行っても、(よほど古い建物でないかぎり)団地にオープンエアのベランダは必ずあります。火事の際の排煙や避難のために義務付けられているのでしょう。ベランダの奥行や、隣とつながっているかどうかなど、細部は都道府県ごとに規制が違うと聞いたことがありますが、ベランダがない、ということはありません。(設計側からは、厳しいベランダ設置義務は建物の外観が自由にならないので泣かせ所のようです。)

この団地にお住まいの方に「サンルームは昔はベランダだった」とも聞いたのですが、いずれにしても法規制が国によって団地の外観を変えていると言えそうです。

オンドルの伝統を引き継いで床暖房はかなり古い団地でも普及しているようなので、熱源の取り方が日本とは違うのかもしれません。(そこを聞くのを忘れた~)

マンション研究の藤本佳子先生からご教示をいただき、最初はベランダで売っていて建具を立てるのは違法だが、あとから立てるのは黙認で、寒いのでみんなそうする。ここに建具を立てられますよ…と言って売るそうです。いやはや団地事情も国さまざまです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

好評発売中!

樹林舎刊の写真集『吹田市の昭和』の千里ニュータウン部分を中心に、コラム執筆や写真のアレンジ、事実関係の確認などを担当しました。限定1,500部。書店でお申し込みください。

好評配布中!〔無料〕

千里ニュータウンの最新状況がわかる「千里ニュータウンマップ2018」の制作をお手伝いしました。このマップは南千里駅前の「吹田市立千里ニュータウン情報館」で配布しています。2013年版も在庫があります。

好評発売中!

吹田市立博物館とパルテノン多摩の2018年共同企画「ニュータウン誕生」の展示・図録制作をお手伝いしました。図録購入(吹田版)はこちら。多摩版はこちら。(内容は同じです)

アーカイブ

ページ上部へ戻る