水に集う地区センター(シンガポール・プンゴル)

(2018年7月に訪問した時の記録です。)プンゴル全体の中央センターになっているプンゴル駅前に戻ってきました。ここは都心と結ぶ地下鉄(MRT)、LRTオール2階建路線バスの交通結節点にもなっています。

シンガポール最新のニュータウンですから、駅前の商業施設も古い団地のようなざっくばらんなホーカーズではなく、ちょっとよそ行き感が漂うショッピング・モールになっています。こういうモール。もうEXPO CITYなのかカザフスタンなのか画一的過ぎて面白くない…と感じる方も多いと思いますが、ニュータウン・ライフの生活保障と考えれば、まことに清潔で安心できます。オープンテラスは水路の続きになっている親水公園につながっています。

下の写真、左奥は「ichiban boshi(一番星)」というサインが見えますね。チェーン化が顕著です。「大阪王将」もありました。

あれだけ高密度の町の中心なのに、外も中も人がいませんね~。まだ町が半出来で、十分な人口が張り付いていないから?暑くてみんな昼寝中?…内外ともに素敵な空間が演出されているのに、これでやっていけるのか、心配になってしまいます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

好評発売中!

樹林舎刊の写真集『吹田市の昭和』の千里ニュータウン部分を中心に、コラム執筆や写真のアレンジ、事実関係の確認などを担当しました。限定1,500部。書店でお申し込みください。

好評配布中!〔無料〕

千里ニュータウンの最新状況がわかる「千里ニュータウンマップ2018」の制作をお手伝いしました。このマップは南千里駅前の「吹田市立千里ニュータウン情報館」で配布しています。2013年版も在庫があります。

好評発売中!

吹田市立博物館とパルテノン多摩の2018年共同企画「ニュータウン誕生」の展示・図録制作をお手伝いしました。図録購入(吹田版)はこちら。多摩版はこちら。(内容は同じです)

アーカイブ

ページ上部へ戻る