ジオラマっ!(韓国・果川新都市)

新都市内にある果川市役所にやってきました。果川市は新都市を中心に独立した市になっていて、「市=ニュータウン」ではないけれど、ニュータウンが市のメインになっています。周辺は、既成市街地とはつながっていません。山に囲まれています。

そのロビーにあったのは…ジオラマ!千里でもつくばでも…ニュータウンという所は計画の全貌をわからせるためにジオラマを作りたがるもののようですが、それは日本だけではないようです。親近感覚えますね。

この写真は南側からのアングルで、集合住宅が多いことがわかります。(建替が進んでいるので、実際はもう少し高層化が顕著になっています。)南北にやや細長い形をしています。ソウルからの幹線道路と地下鉄が、南北に貫いています。

手前と奥に白く光っている一画がありますが、これはこれから町を広げます!という表現です。政権ごとに町の拡張を決めていったので(町の建設は時間がかかるので、途中で政権が交代してしまう…)、それぞれの大統領の町と俗称されているそうです。左の中央に市役所があり、左手前には政府の分庁舎もあり、法務関係が入っているそうです。いわば霞が関の一部があるようなもので、この町への力の入れ方が伺えますね。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

好評配布中!〔無料〕

千里ニュータウンの最新状況がわかる「千里ニュータウンマップ2018」の制作をお手伝いしました。このマップは南千里駅前の「吹田市立千里ニュータウン情報館」で配布しています。2013年版も在庫があります。

好評発売中!

吹田市立博物館とパルテノン多摩の2018年共同企画「ニュータウン誕生」の展示・図録制作をお手伝いしました。図録購入(吹田版)はこちら。多摩版はこちら。(内容は同じです)

アーカイブ

ページ上部へ戻る