Welcome To Our Town!(シンガポール・アンモキオ)

(2018年7月に訪問した時の記録です。)団地の芝生で見かけた看板…というか、鉄パイプの枠にターポリンのような生地を張ったものですが…に描かれた「理想の住民像」。見事に多民族国家であることを表現していますが、女性は1人でいいのかな?

右下はAng Mo Kio Town Councilのロゴのようですね。町の委員会。検索したらサイトが出てきました。なかなか力が入っています。アンモキオを職住遊に理想的な町にします…とあります。

このように、たえず参加意識・帰属意識を呼びかけ続けるアピールがあるというのは、人工コミュニティらしい特徴ではないでしょうか。この町は始まってから40年ぐらいたっているはずですが、Welcome To…というあたりが、なんともニュータウンぽいです。いつも外に対してオープンであり続けることで、シンガポールという移民国家は成り立っているのかもしれません。

それにしても民族に関してはこんなにダイバーシティ(多様性)を強調しているのに、女性は1人でいいのかな?(これはモデルじゃなくて「本物の人たち」なのかな?)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

好評配布中!〔無料〕

千里ニュータウンの最新状況がわかる「千里ニュータウンマップ2018」の制作をお手伝いしました。このマップは南千里駅前の「吹田市立千里ニュータウン情報館」で配布しています。2013年版も在庫があります。

好評発売中!

吹田市立博物館とパルテノン多摩の2018年共同企画「ニュータウン誕生」の展示・図録制作をお手伝いしました。図録購入(吹田版)はこちら。多摩版はこちら。(内容は同じです)

アーカイブ

ページ上部へ戻る