移動規制は緩んできましたが、ちょっとまだ遠出はしにくいので、この機会に「過去に行ってブログに上げてない」ニュータウンや町めぐりの記録を上げてしまいましょう。まず、2018年7月に行ったシンガポールの記録から(前に一度だけ上げました)。

シンガポールの面積は「ほぼ淡路島ぐらい」と言われますが、これは東京23区とも近く、大阪府と比べると4割弱。この限られた国土に住んでいるのが、現在約560万人。うち約3割が外国籍です。

シンガポールの人口は、わずか30年前…という言い方をするのは年寄りの証拠ですが…1990年頃には約300万人しかいませんでした。いかに急激に人口を増やしたかがわかります。しかもシンガポール国民の学歴は高く、出生率は韓国と並んで世界最低レベルです(日本より低いです)。

にもかかわらず人口が増える理由は「移民」です。つまり世帯数が増えています。国土が限られていて、人を増やそうとしたら、建物は上に伸ばすしかありません。

その結果、すごい団地国家になっている!国中まるごとニュータウンですよ奥居さん!と聞いて、行ってきました。聞きしに勝る「団地国家」でした。しかも美しいのです。まさに「まるごとニュータウン」でした。こちらは1960年代から開発された(つまり千里と同期ぐらいの)トアパヨという町。広い街路、豊かな南国の街路樹、モダンな団地群、よく手入れされた花…わくわくしてきますね。(クルマが左なのは、旧英領の名残りでしょうか。)

シンガポール団地(ニュータウン)めぐりに、出かけましょう!

関連記事

コメント

    • アズアズ
    • 2020年 6月 22日

    1987年から10年間駐在員としてシンガポールに居住していました。当時のシンガポールは日本の高度成長期のスピードを何倍も早くした感じで、朝起きれば新しい道、建物が完成している日々でしたが国土開発政策の1つとしてシンガポールの政府機関であるHDBが高層住宅の建設を急速に進めていました。

    奥居さんのレポートを楽しみにしています。

      • 奥居武
      • 2020年 6月 22日

      それは貴重なご経験でしたね。HDBは日本のURのような組織かなと思いますが、その本部があるのがこのトアパヨなんですね(ちらっと見てきました)。後追いですが、がんばってレポートします。
      https://www.hdb.gov.sg/cs/infoweb/homepage

  1. 2020年 6月 25日

好評配布中!〔無料〕

千里ニュータウンの最新状況がわかる「千里ニュータウンマップ2018」の制作をお手伝いしました。このマップは南千里駅前の「吹田市立千里ニュータウン情報館」で配布しています。2013年版も在庫があります。

好評発売中!

吹田市立博物館とパルテノン多摩の2018年共同企画「ニュータウン誕生」の展示・図録制作をお手伝いしました。図録購入(吹田版)はこちら。多摩版はこちら。(内容は同じです)

アーカイブ

ページ上部へ戻る