驚異のシンガポール団地群(プンゴル)

まあなんていうか、すごか所ばい!千里ニュータウンが全部竹見台になったような。こちらはシンガポール…来てみたら「国じゅうがまるごと団地!」と言っても過言ではない団地国家だったんですが、その中でもプンゴルという、目下シンガポールで人が住んでいる町では最新のニュータウンです。一番新しくて一番都心から遠い。といっても13キロ。なので千里と同じぐらいの距離です。海の向こうにはマレーシアが見えます。

新交通システムが走っているオモテ側から見ると非人間的な感じがしますが、内側に入ってしまうと水路が引いてあったりバスケコートや小公園が連なっていて、それは素晴らしい演出がされています。いや、こっちがウラなのか?

この投稿は2018年7月20日にfacebookに投稿した文章に加筆したものです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

好評発売中!

樹林舎刊の写真集『吹田市の昭和』の千里ニュータウン部分を中心に、コラム執筆や写真のアレンジ、事実関係の確認などを担当しました。限定1,500部。書店でお申し込みください。

好評配布中!〔無料〕

千里ニュータウンの最新状況がわかる「千里ニュータウンマップ2018」の制作をお手伝いしました。このマップは南千里駅前の「吹田市立千里ニュータウン情報館」で配布しています。2013年版も在庫があります。

好評発売中!

吹田市立博物館とパルテノン多摩の2018年共同企画「ニュータウン誕生」の展示・図録制作をお手伝いしました。図録購入(吹田版)はこちら。多摩版はこちら。(内容は同じです)

アーカイブ

ページ上部へ戻る