残念なものを見てしまった…(シンガポール・トアパヨ)

(2018年7月に訪問した時の記録です。)シンガポールは社会的な規範・罰則が非常に厳しい国として知られ、どこへ行っても清潔なのはそういうこととセットであるわけですが…

町の中のちょっとした死角のような場所を上から見下ろしてしまったところ…あららら…。これは「放置自転車」というよりは「投棄」に近い荒れっぷりですね…。黄色い自転車はシンガポールで広く普及しているシェサイクルのようです。ちゃんとした場所に返さないで、追跡されないのかな?

たぶんどのような社会でも「完璧」ということはないのでしょう。僕はすごくディープな場所に行ったわけではなく、町の真ん中の団地のちょっとしたはずれで、これを見かけてしまったのです。周囲が清潔に保たれているだけに、ギョッとしました。

写真の左側のグリーンは垂直面で、見事に壁面緑化がされています。それなのに、下は、これ。完璧で潔癖なシンガポールの中で、こういうシーンもあってちょっとホッとしたというのは、肩を持ちすぎでしょうか…

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

好評配布中!〔無料〕

千里ニュータウンの最新状況がわかる「千里ニュータウンマップ2018」の制作をお手伝いしました。このマップは南千里駅前の「吹田市立千里ニュータウン情報館」で配布しています。2013年版も在庫があります。

好評発売中!

吹田市立博物館とパルテノン多摩の2018年共同企画「ニュータウン誕生」の展示・図録制作をお手伝いしました。図録購入(吹田版)はこちら。多摩版はこちら。(内容は同じです)

アーカイブ

ページ上部へ戻る