日陰の都市計画(シンガポール・クイーンズタウン)

(2018年7月に訪問した時の記録です。)幹線道路沿いを駅に戻るごく普通の歩道ですが、ここでも「片持ちの屋根付き」は徹底されています。厳しい日射とスコールから歩行者を守るため…シンガポールの団地(ニュータウン)では、どこでもこの設計基準は徹底されているようでした。敷地側の緑も立ち上がって、横からの日射を防ぎ、壁面緑化のような効果を出していますね。

そして緑が豊富なのに、とてもよくメンテナンスされています。(農薬使いまくりだという情報もいただきましたが…)

シンガポールは「立体田園都市」(Vertical Garden City – 立体緑園都市とも)を標榜していますが、それは大きな壁面緑化だけでなく、このような細部にこそ生きている気がします。

それは、高密度・高容積居住でも快適という、「明るい都市国家社会」を支える重要な要素にもなっているのではないでしょうか。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

好評配布中!〔無料〕

千里ニュータウンの最新状況がわかる「千里ニュータウンマップ2018」の制作をお手伝いしました。このマップは南千里駅前の「吹田市立千里ニュータウン情報館」で配布しています。2013年版も在庫があります。

好評発売中!

吹田市立博物館とパルテノン多摩の2018年共同企画「ニュータウン誕生」の展示・図録制作をお手伝いしました。図録購入(吹田版)はこちら。多摩版はこちら。(内容は同じです)

アーカイブ

ページ上部へ戻る