はてしないシマシマ街区(シンガポール・プンゴル)

(2018年7月に訪問した時の記録です。)まだ町ができていない西半分の街区も回ってみました。こちらはWaterway Terraces といいまして、ハチの巣型の巨大住棟群が水路を挟んで2ブロックを占拠している、非常に「デザインがんばった」感じのシンボリックな街区です。

近接して走るLRTの窓から見ると、どこまでも続くシマシマの異空間にからめとられて、二度と現実世界に戻れないような…ウルトラセブンな気分になってきます。昔、千里ニュータウンの団地群を見た人も、そういう印象を持ったんだろうな…。

このような巨大住棟群は非人間的であるとして、ヨーロッパなどでは住棟を切って小型化したり撤去してしまったりしている団地もあるとのことですが、シンガポールは今それを造っているわけです。それが「時代に遅れた行為」なのか、いや、人口圧力も社会状況も違うしちゃんと前例はわかったうえで工夫していると言うのか、外来者の私にはわかりません。ご覧のとおり、水と緑と巨大住棟は、ここではセットです。

ただ、とにかく圧倒されます。すごい!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

好評発売中!

樹林舎刊の写真集『吹田市の昭和』の千里ニュータウン部分を中心に、コラム執筆や写真のアレンジ、事実関係の確認などを担当しました。限定1,500部。書店でお申し込みください。

好評配布中!〔無料〕

千里ニュータウンの最新状況がわかる「千里ニュータウンマップ2018」の制作をお手伝いしました。このマップは南千里駅前の「吹田市立千里ニュータウン情報館」で配布しています。2013年版も在庫があります。

好評発売中!

吹田市立博物館とパルテノン多摩の2018年共同企画「ニュータウン誕生」の展示・図録制作をお手伝いしました。図録購入(吹田版)はこちら。多摩版はこちら。(内容は同じです)

アーカイブ

ページ上部へ戻る