メゾネットが消えた駅前(2009年2月8日)

南千里駅前、定点観測三変化の三枚目。写真右手の佐竹台メゾネットが建替のため姿を消しました。
定点撮影は環境の変化によって同一地点での継続撮影が困難になることがありますが(建物ができたり植栽が成長して視界がふさがれる、同じ撮影地点に立てなくなるなど…)、この撮影位置は南千里駅のホーム上、道路と交わった地点なので、今後もその心配はたぶんないでしょう…。一枚目を撮った時に意識したわけではないのですが、画面左を街路灯のカーブに合わせ、下の線を歩道橋に合わせ、画面右を裏向きになった道路標識を目安にすると、位置決めがしやすい構図になっていることもラッキーです。(しかも現地に行かれればわかりますが、ホームの側面が「ここで撮った」という位置同定がすごくわかりやすい構造になっています。)
しかしこの3枚、2003年2007年、2009年と、21世紀に入ってからわずか数年間の変化なのです。激動の千里ニュータウン…。このあと、四枚目=メゾネットの跡地のマンションが完成する。五枚目=南地区センタービルが解体される。…と、最低5枚の定点撮影ができるでしょう。だからせめてワシントンヤシの並木は変わらないでいてほしいと思うわけです。
千里ニュータウンのここ数年の変化の速さを見るにつけ、ますます危機感がつのって「いま撮っておかないと!」と熱が入ってしまいます。
一枚目と比べると、5年と2ヵ月の間にもビミョーにワシントンヤシが成長しているような気がしませんか?)

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

好評発売中!

樹林舎刊の写真集『吹田市の昭和』の千里ニュータウン部分を中心に、コラム執筆や写真のアレンジ、事実関係の確認などを担当しました。限定1,500部。書店でお申し込みください。

好評配布中!〔無料〕

千里ニュータウンの最新状況がわかる「千里ニュータウンマップ2018」の制作をお手伝いしました。このマップは南千里駅前の「吹田市立千里ニュータウン情報館」で配布しています。2013年版も在庫があります。

好評発売中!

吹田市立博物館とパルテノン多摩の2018年共同企画「ニュータウン誕生」の展示・図録制作をお手伝いしました。図録購入(吹田版)はこちら。多摩版はこちら。(内容は同じです)

アーカイブ

ページ上部へ戻る