こわいよー(上海・浦江鎮)

こちら高層棟の南面側ですが見上げると…ああっ、あんな高いところで物干竿つきだしてる!
これはお箸も横向きに置く日本人から見るとまことにヒヤヒヤする光景ですが、長年の生活スタイルだからうっかり落としたりは…やっぱりたまには落としてるような気がするなあ…。この建物もオープンバルコニーがないですね。中はサンルームになってるんだろうか?中国はベッドだから「布団を干す」ということもないし、軽いものしか干さないんでしょうか。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (2)

    • keixxx
    • 2010年 7月 23日

    真ん中の部屋が曲がっている(へっこんでる)のも、
    気になりますvv。 何階建てでしょうか、
    下の階は、どうなっているんですか~?

    • 奥居武
    • 2010年 7月 23日

    11階建だったと思います。へこんでるのはたぶん「デザイン」でしょう。上海の人は日本人と同じように「南向きが好き」なのに、オープンバルコニーを造らないというのも気になります。

好評発売中!

樹林舎刊の写真集『吹田市の昭和』の千里ニュータウン部分を中心に、コラム執筆や写真のアレンジ、事実関係の確認などを担当しました。限定1,500部。書店でお申し込みください。

好評配布中!〔無料〕

千里ニュータウンの最新状況がわかる「千里ニュータウンマップ2018」の制作をお手伝いしました。このマップは南千里駅前の「吹田市立千里ニュータウン情報館」で配布しています。2013年版も在庫があります。

好評発売中!

吹田市立博物館とパルテノン多摩の2018年共同企画「ニュータウン誕生」の展示・図録制作をお手伝いしました。図録購入(吹田版)はこちら。多摩版はこちら。(内容は同じです)

アーカイブ

ページ上部へ戻る