団地屏風絵巻(シンガポール・プンゴル)

(2018年7月に訪問した時の記録です。)プンゴルは町の東半分から開発が進んでいるので、まず新交通システムの東回り線に乗って、「できている部分」から見て回ります。地形はほぼ平坦。高層棟がびっしり建っている感じですが、新交通システムを降りて、ワンブロック中に入ると、引き込まれた水路に沿って「ウォーターウェイ・パーク」が設けられ、「ああ、こちらがオモテなんだな」という景観に出会えます。(上の写真)

2018年7月20日付で一度出していますが、2枚目が新交通システムぞいに撮った写真。比べると、完全にこちらが「ウラ」ですね。非人間的な印象すら受けてしまいます(ガラス越しに撮って色調が変わっている可能性があります)。この軌道は高架で、幹線道路の上に乗っかっています。これは一種の「囲み型配置」の思想と言えるのかもしれません。

ここまでやるのか…と思ってしまいますが、積極的な移民政策と、限られた国土。「高密度でも快適に」が、シンガポールのニュータウンに課せられた使命です。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

好評配布中!〔無料〕

千里ニュータウンの最新状況がわかる「千里ニュータウンマップ2018」の制作をお手伝いしました。このマップは南千里駅前の「吹田市立千里ニュータウン情報館」で配布しています。2013年版も在庫があります。

好評発売中!

吹田市立博物館とパルテノン多摩の2018年共同企画「ニュータウン誕生」の展示・図録制作をお手伝いしました。図録購入(吹田版)はこちら。多摩版はこちら。(内容は同じです)

アーカイブ

ページ上部へ戻る