ミラノの万博外人村

万博では半年間にわたる期間中の関係者の宿舎も必要だし、ニュータウン(みたいな場所)の開発がセットでよく行われます。千里も竹見台や東町の一角は万博外人村として半年使われた後で一般の賃貸団地になりました。ここミラノでもそんな場所が会場周辺にないか探してみたら、観客が行かないゲートの外側にそれらしい一角を発見!モダンです。オフィス?住宅?手前の公園では子供が遊んでるからやっぱり住宅?

…万博マニアの二神さんの情報によれば、これはやはり「EXPO VILLAGE」で、相当賃料がお高いらしく、アラブ、スイス、カザフスタンなど、万博予算が潤沢な国々しか滞在していないそうです!!(二神さん、遺漏なき情報収集ありがとうございました。)

この投稿は2015年5月4日にfacebookに投稿した文章、コメントに加筆したものです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

好評発売中!

樹林舎刊の写真集『吹田市の昭和』の千里ニュータウン部分を中心に、コラム執筆や写真のアレンジ、事実関係の確認などを担当しました。限定1,500部。書店でお申し込みください。

好評配布中!〔無料〕

千里ニュータウンの最新状況がわかる「千里ニュータウンマップ2018」の制作をお手伝いしました。このマップは南千里駅前の「吹田市立千里ニュータウン情報館」で配布しています。2013年版も在庫があります。

好評発売中!

吹田市立博物館とパルテノン多摩の2018年共同企画「ニュータウン誕生」の展示・図録制作をお手伝いしました。図録購入(吹田版)はこちら。多摩版はこちら。(内容は同じです)

アーカイブ

ページ上部へ戻る