1959-61年築高層住宅(フィンランド・タピオラ)

千里は 竹見台のスターハウスor青山台のC74的なランドマークになってるらしい1959-61年築の高層住宅。1959年だったら僕と同い年ではありませんか…。タピオラではどの住宅を撮っても森に囲まれているように見えるのは、事実がそうだからです。

なんとこの最上階住戸にお邪魔しました!上層階には展望風呂ならぬ展望共用サウナがあり、タピオラの森と町が一望。ダストシュートもありましたよ。高層とは言っても8階建で、1フロアに8戸しかなく、昨今のマッシブなマンションに比べればずいぶん細身で「シュッとして」います。

この投稿は2016年2月16日にfacebookに投稿した写真にコメントを加えたものです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

好評配布中!〔無料〕

千里ニュータウンの最新状況がわかる「千里ニュータウンマップ2018」の制作をお手伝いしました。このマップは南千里駅前の「吹田市立千里ニュータウン情報館」で配布しています。2013年版も在庫があります。

好評発売中!

吹田市立博物館とパルテノン多摩の2018年共同企画「ニュータウン誕生」の展示・図録制作をお手伝いしました。図録購入(吹田版)はこちら。多摩版はこちら。(内容は同じです)

アーカイブ

ページ上部へ戻る