万博から発展する新都市(カザフスタン・アスタナ)

アスタナではまだ、都市内交通としての鉄道はありませんが(計画中)、国内外を結ぶ長距離移動手段としての鉄道はあります。そして旧中央駅とは別に、万博を機に新中央駅がオープンしました。大阪駅と新大阪駅のような関係でしょうか。

まさに新幹線の駅のように立派ですが、まだ周囲は何もできていません。ここへ行く手段も乏しくて、タクシーに乗ったらまた運転手が英語がわからず苦労しました…。iPad見せれば行きたい場所は指定できるんですが、支払のときにわけがわからないことになるのです(アスタナのタクシーは、まだほとんどメーターがついていません)。

開発中の原野の向こうに、発展するアスタナの市街地が浮かんでいます。駅を出てすぐの街路は立派だけど、そのすぐ向こうは、沼!(夜は来たくないな~)

何もかもちぐはぐで、しかし可能性にあふれていて、最近の万博は、そういう国がやるか、安定した運営ができる老舗国がやるか、どちらかですね。世界の「開発の先っちょ」を見ることができるのも、万博やニュータウン見学の楽しみかもしれません。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2020年 8月 21日

好評発売中!

樹林舎刊の写真集『吹田市の昭和』の千里ニュータウン部分を中心に、コラム執筆や写真のアレンジ、事実関係の確認などを担当しました。限定1,500部。書店でお申し込みください。

好評配布中!〔無料〕

千里ニュータウンの最新状況がわかる「千里ニュータウンマップ2018」の制作をお手伝いしました。このマップは南千里駅前の「吹田市立千里ニュータウン情報館」で配布しています。2013年版も在庫があります。

好評発売中!

吹田市立博物館とパルテノン多摩の2018年共同企画「ニュータウン誕生」の展示・図録制作をお手伝いしました。図録購入(吹田版)はこちら。多摩版はこちら。(内容は同じです)

アーカイブ

ページ上部へ戻る