商店街はこんな感じ(イギリス・レッチワース田園都市)

(2013年8月に訪問した時の記録です。)レッチワース田園都市は近隣住区論が理論化される前の設計で、「地区センター」「近隣センター」という商業施設に特化した区画はありませんが、ではお店はどうなっているのでしょうか。

駅前の通りに沿って、ご覧のようにお店や利便施設が連なっています。車道を狭めて歩道を広げ、ややモール化している様子がうかがえます。(Googleストリートビューで確認しましたが、2020年時点でも大きくは変わっていないようです。)目につくのは駐車用の区画が切ってあって…Googleストリートビューを拡大して見ると…(便利な時代になったものだ…)月曜から土曜まで、9:00-17:30の間は1時間までは無料。そのあと1時間以内は戻ってきちゃダメよという仕組みのようです。ちょっとクルマを置き直して、連続何時間も居座るのはダメだということですね。(どこの国でも人の考えることは似ているということです。)

駅前の辻にはこんな一角もありました。わりと新しい感じのアートと、噴水があります。ここも車道を狭めて広場化したんだろうか?「田園都市らしさ」を保ちながら、町の機能はしっかりアップデートしている感じですね。

道路沿いのパーキングだけでなく、Google Mapの航空写真で見ると平面の広い駐車場も何ヵ所もあります。 (便利な時代になったものだ…)

商店街は活気があり、日本の地方都市のように「シャッター街」になっているということは、ありません。市街地の外側に、巨大モールとか、できてないのかな? Google Map で「letchworth mall」と入れて検索すると、「ないことはないけれど、それほど巨大ではない」というところで収まっているようですね。 Google Map ができて、町の調査はものすごく便利になりましたが「行ったような気分になっちゃう」のは、危険ですね…。現地でのまちあるきと、検索の組み合わせで正確に把握したいものです。(つづく

関連記事

コメント

好評発売中!

CITY LIFE刊のムックガイド。「歴史文化」「まちづくり」の取材が丁寧で大充実。「北千里を歩く象」の記事で協力しました。こちらから購入できます。

好評発売中!

樹林舎刊の写真集『吹田市の昭和』の千里ニュータウン部分を中心に、コラム執筆や写真のアレンジ、事実関係の確認などを担当しました。限定1,500部。書店でお申し込みください。

好評配布中!〔無料〕

千里ニュータウンの最新状況がわかる「千里ニュータウンマップ2018」の制作をお手伝いしました。このマップは南千里駅前の「吹田市立千里ニュータウン情報館」で配布しています。2013年版も在庫があります。

好評発売中!

吹田市立博物館とパルテノン多摩の2018年共同企画「ニュータウン誕生」の展示・図録制作をお手伝いしました。図録購入(吹田版)はこちら。多摩版はこちら。(内容は同じです)

アーカイブ

ページ上部へ戻る