UA-148035908-1

遠くの町の仲間たち…戸山ハイツ(東京)

赤羽台に続いて行った都心団地シリーズは新宿区の戸山ハイツ。ここはURではなく都営住宅+ごく一部に公社の分譲棟もあるようです。この団地は「別格の老舗」で、戦後まもなく木造の都営住宅が建設され、高度経済成長期に鉄筋の中高層住宅に建て替えられ、それがすでに老朽化している…という「2サイクル回った団地」であるわけです。

「高齢化する団地」の例として福祉的な観点で報道されるのをときたま聞きますが、行ってみるとものすごく豊かな緑!建物自体は古くて簡素ですが、ハイツの敷地と入り組んで実質一体化している戸山公園が箱館山という山で、住環境全体で見ると、都心とは思えない豊かな空間を作り出しています。じゃあなんで報道されるか?というと、都心にあって取材しやすいからではないでしょうか…?規準があって贅沢にできない公営住宅と、都市公園を一体で作ってしまうというのはなかなか頭を使った感じがしますが、深読みしすぎでしょうか?

この投稿は2018年4月21日にfacebookに投稿した文章に加筆したものです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

好評配布中!〔無料〕

千里ニュータウンの最新状況がわかる「千里ニュータウンマップ2018」の制作をお手伝いしました。このマップは南千里駅前の「吹田市立千里ニュータウン情報館」で配布しています。2013年版も在庫があります。

好評発売中!

吹田市立博物館とパルテノン多摩の2018年共同企画「ニュータウン誕生」の展示・図録制作をお手伝いしました。図録購入(吹田版)はこちら。多摩版はこちら。(内容は同じです)

アーカイブ

ページ上部へ戻る