スターハウス(風)が、できてきましたよー!

千里ニュータウンの団地の中でも、とりわけシンボル的に有名なのが、竹見台の巨大高層スターハウス。形状の特異さ、大きさ、阪急で大阪から帰ってくると町の入口で迎えてくれる位置関係…。万博時には一部が「万博外人村」として外国人スタッフの宿舎に使われ、田中角栄の『日本列島改造論』にも登場したなど、逸話の枚挙にいとまがありません。

ところが耐震問題から3棟のうち2棟が建て替えられることになりましたが、このシンボル性に免じて、URでは特別に「スターハウスの跡にスターハウス(風)を建て替える」という前代未聞の配慮をしてくださることになり、その1棟目が立ち上がってきました!左手に見えてるのがオリジナルのスターハウス。

(風)ってつけてるのは、南北軸の部分がツインコリドー風になってるからなんですが、どんな仕上がりになるのか、ワクワクです!「なんじゃこれー、ぱちもんやん…」ってならなければいいのですが…。

現代建築の建替であっても、景色の記憶を継承するという記念すべき例になることを、信じております。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2020年 5月 24日

好評配布中!〔無料〕

千里ニュータウンの最新状況がわかる「千里ニュータウンマップ2018」の制作をお手伝いしました。このマップは南千里駅前の「吹田市立千里ニュータウン情報館」で配布しています。2013年版も在庫があります。

好評発売中!

吹田市立博物館とパルテノン多摩の2018年共同企画「ニュータウン誕生」の展示・図録制作をお手伝いしました。図録購入(吹田版)はこちら。多摩版はこちら。(内容は同じです)

アーカイブ

ページ上部へ戻る