公園につづくタウンハウス(ハワイ・カポレイ)

(2019年8月に訪問した時の記録です。)ハワイ・オアフ島のカポレイ地区。の中でもまだ開発中の「ニュータウンの中のニュータウン」。ここでは比較的コンパクトなタウンハウスが主体になっていますが、こちらは遊歩道をはさんで公園と一体化しています。クルマは裏手に停めるようになっています。

自分の庭はないけど、公園が自分の庭のように感じられる…という工夫ですね。しかも公園が廃止されない限り、絶対に前にはモノが建たないわけです。

ハワイはのんびりと、どこまでも広々していて…というのは外来者のイリュージョンで、実際は(少なくともホノルル周辺では)人口が増加していて、不動産が高くなって、どうやって住環境を保ちながら人口を収容するか?という課題があり、それは千里ニュータウンの開発初期に通じるものがあるわけです。

一方ではゲーテッド化していくコミュニティもあり、日本でも「なんちゃってゲーテッド」のマンションや住宅街が見られるようになってきましたが、アメリカは格差社会だと言いながら、敷地を「開いていく」志向がたえずあるように思えるのは、贔屓目でしょうか。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2020年 4月 23日

好評発売中!

樹林舎刊の写真集『吹田市の昭和』の千里ニュータウン部分を中心に、コラム執筆や写真のアレンジ、事実関係の確認などを担当しました。限定1,500部。書店でお申し込みください。

好評配布中!〔無料〕

千里ニュータウンの最新状況がわかる「千里ニュータウンマップ2018」の制作をお手伝いしました。このマップは南千里駅前の「吹田市立千里ニュータウン情報館」で配布しています。2013年版も在庫があります。

好評発売中!

吹田市立博物館とパルテノン多摩の2018年共同企画「ニュータウン誕生」の展示・図録制作をお手伝いしました。図録購入(吹田版)はこちら。多摩版はこちら。(内容は同じです)

アーカイブ

ページ上部へ戻る