近所しか出歩けないと、発見もあります。こちらは「千里けやき通り」またの名を大阪府道119号箕面摂津線。またの名を「千里2号線」といったり「千里東筋」と名づけられたり…。いずれにしても、ケヤキ並木です。

一昨年、2018年の台風21号で千里の街路樹もずいぶんやられました。危ない木は伐ったり片づけたりはしたものの、抜けた部分がそのままになっているところが1年半たった今でも多数あるのですが、やっと、新しい若木の捕植が入っているようです。新入りには、まだ添え木がしてあります。ここではたまたま、1本おきになっていますね。

北千里駅より北側では、ふるさと納税を使ったこんなしくみもやっているようです。ここは府道だから、府のしくみですね。

ケヤキといえば東京は原宿の表参道もケヤキですが、同じ樹種でも関東と関西では土壌や気候が違うため、なかなか関西ではホウキをぱっと広げたような立派な枝ぶりにならないという話を聞きました。こちらを見ると、ケヤキをシンボルにしている自治体は東日本に多いようですね。ともあれ立派に育ってほしいです。

市道もずいぶん街路樹が抜けたままになってるんですが…(市が豊かなら、まず市が予算から計上してほしいですが)。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

好評配布中!〔無料〕

千里ニュータウンの最新状況がわかる「千里ニュータウンマップ2018」の制作をお手伝いしました。このマップは南千里駅前の「吹田市立千里ニュータウン情報館」で配布しています。2013年版も在庫があります。

好評発売中!

吹田市立博物館とパルテノン多摩の2018年共同企画「ニュータウン誕生」の展示・図録制作をお手伝いしました。図録購入(吹田版)はこちら。多摩版はこちら。(内容は同じです)

アーカイブ

ページ上部へ戻る