ピロティという共用空間(シンガポール・トアパヨ)

トアパヨの団地空間を豊かに見せているのは、住棟下の「ピロティ」も一役買っています。「residents’ corner」と書いてありますね。机と椅子が置いてあって、簡易なコミュニティ・カフェのようになっています。とてもきれいに保たれています。

住棟の下をピロティにするのは、かなりあちこちで見かけました。屋根付きの屋外通路と連結して、棟から棟へ、屋根のある部分だけを伝って行けるようになっています。雨の日は子供の遊び場にもなります。

さて、団地のピロティといえば、URの千里青山台団地も斜面を生かして多くのピロティが設けられていますが、同じ頃に造られたトアパヨと似たような設計が見られるのは、偶然でしょうか?当時は流行っていたのでしょうか?

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

好評配布中!〔無料〕

千里ニュータウンの最新状況がわかる「千里ニュータウンマップ2018」の制作をお手伝いしました。このマップは南千里駅前の「吹田市立千里ニュータウン情報館」で配布しています。2013年版も在庫があります。

好評発売中!

吹田市立博物館とパルテノン多摩の2018年共同企画「ニュータウン誕生」の展示・図録制作をお手伝いしました。図録購入(吹田版)はこちら。多摩版はこちら。(内容は同じです)

アーカイブ

ページ上部へ戻る