ニュータウン・ブックチャレンジ…やとのいえ

SNSで流行った「ブックカバー・チャレンジ」のニュータウン版、5月16日付から5月22日付まで7回お届けしましたが、紹介したい本が出てきたので続きやりまーす。『やとのいえ』(2020年 偕成社、八尾慶次著)。新刊です。大人も子供も楽しめる絵本です。舞台は、多摩ニュータウン。「やと」は「谷戸」で、小さな谷あいを示す、関東に多い呼び方です。

1軒の家とそれを見守る十六羅漢を主役に、明治初期から現代まで、同じ地点の暮らしの変化を定点観測的に15シーンの細密な絵で追いかけていきます。

季節や時代背景もおりこまれ大変抒情的ですが、読みごたえがあるのは本の後半、絵の中のモチーフの変化に詳細な「注」がつけられ、本編と同じぐらい「注」のページがあります。これって、田中康夫の『なんとなく、クリスタル。』以来40年ぶり…?

そして胸を打たれるのは、150年のうち、直近50年の変化の激しさです。ニュータウンがやってきたからです。周囲ののどかな里山は団地に変えられ、モノレールまで走るようになります。主役の家も潰されてしまいますが(ええ~?主役が死亡って、そんなの、アリ?)、幸いにも二代目の家が建て直され、十六羅漢さまも生き延びます。

このような容赦ない変化は、日本中のニュータウン開発に共通の物語だったでしょう。もちろん、千里も。半世紀を経過して「その前の暮らし」を語れる人も減りつつある今、「絵本」という方法で、それぞれの時代の情景がいきいきとよみがえっています。描いている事実は重いのですが、心が洗われるような一冊です。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

好評発売中!

樹林舎刊の写真集『吹田市の昭和』の千里ニュータウン部分を中心に、コラム執筆や写真のアレンジ、事実関係の確認などを担当しました。限定1,500部。書店でお申し込みください。

好評配布中!〔無料〕

千里ニュータウンの最新状況がわかる「千里ニュータウンマップ2018」の制作をお手伝いしました。このマップは南千里駅前の「吹田市立千里ニュータウン情報館」で配布しています。2013年版も在庫があります。

好評発売中!

吹田市立博物館とパルテノン多摩の2018年共同企画「ニュータウン誕生」の展示・図録制作をお手伝いしました。図録購入(吹田版)はこちら。多摩版はこちら。(内容は同じです)

アーカイブ

ページ上部へ戻る