機能的なタウン・センター(イギリス・ハーロウ)

(2013年8月に訪問した時の記録です。)千里がモデルにしたというハーロウ・ニュータウンのタウン・センターは、駅から離れているとはいえタクシーに乗れば5分あまりで着いてしまいました。

こちらバスターミナル。うーん、素っ気ない!コンクリートで飾り気もなく、誇り高き田園都市の人たちが一緒にされたくない気持ちはよくわかります。しかし大変機能的にできています。「大勢の中間層を対象に」「贅沢ではなく簡素に」「しかし機能的にできている」ことがニュータウンの原型であることが、よくわかります。

このセンターは全体には低層で出来ていますが、シンボル的に写真のような高層もあり。この建物はTERMINUS HOUSEといって、オフィスかと思ったら住宅に転用され、単身者用の住宅もあるようです。こんな記事も…。ファミリーも住んでいるということですね。

隣接するショッピングセンターのほうに進んでみると、遊歩道に向き合っている低層の商店街。今の千里というよりは初期の千里の雰囲気と似ていますね。千里のほうが更新が早く回転しているということです。先輩のスティブネジのセンターも、シンガポールのここもよく似てるなあ。そう思って似たような撮り方をするから似て見えるのでしょうか?

荒んでいる感じもしないけれど、いまひとつパッとしないところも、すごく「ニュータウン」です!(ニュータウン愛好家がこんなこと言っちゃいかんか…)誰でも住める町ですからね。tattoを入れる店があるかと思えば、tatoo消しますとうたっている店もあり。何やってるんだろ?BODY SHOPなどの「ちょいといい」チェーン店も混ざっています。ハーロウ・ニュータウンの人口は約8万人弱で、千里のようにニュータウンの外側に市街地がつながっていませんから、その規模の商圏、購買力であることが見て取れます。(つづく)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

好評発売中!

CITY LIFE刊のムックガイド。「歴史文化」「まちづくり」の取材が丁寧で大充実。「北千里を歩く象」の記事で協力しました。こちらから購入できます。

好評発売中!

樹林舎刊の写真集『吹田市の昭和』の千里ニュータウン部分を中心に、コラム執筆や写真のアレンジ、事実関係の確認などを担当しました。限定1,500部。書店でお申し込みください。

好評配布中!〔無料〕

千里ニュータウンの最新状況がわかる「千里ニュータウンマップ2018」の制作をお手伝いしました。このマップは南千里駅前の「吹田市立千里ニュータウン情報館」で配布しています。2013年版も在庫があります。

好評発売中!

吹田市立博物館とパルテノン多摩の2018年共同企画「ニュータウン誕生」の展示・図録制作をお手伝いしました。図録購入(吹田版)はこちら。多摩版はこちら。(内容は同じです)

アーカイブ

ページ上部へ戻る