回廊のあるやさしさ(シンガポール・チョンバル)

(2018年7月に訪問した時の記録です。)去り難いクラシック団地群・チョンバル。中でも一番古いと思われる一角で特徴的だったのは、建物の1階部分にめぐらされた回廊です。2階部分が上に張り出していて、その下の空間が歩行者に開放されています。一部分だけでなく、建物にそって、ずっとこの回廊を歩いて行けます。このブロックは、どの建物もこういう建て方になっています。

カンカン照りの日も、急なスコールに襲われても、この回廊があれば安心。この建て方はことによると、より新しい団地でも(歩道橋ですら)必ず屋根がついた通路が整備されていることや、その通路がピロティに接続している設計に受け継がれているのかもしれません。

建物のウチとソトを峻別しない、やさしい空間。シンガポール式の「縁側」と言ってもいいかもしれません。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

好評配布中!〔無料〕

千里ニュータウンの最新状況がわかる「千里ニュータウンマップ2018」の制作をお手伝いしました。このマップは南千里駅前の「吹田市立千里ニュータウン情報館」で配布しています。2013年版も在庫があります。

好評発売中!

吹田市立博物館とパルテノン多摩の2018年共同企画「ニュータウン誕生」の展示・図録制作をお手伝いしました。図録購入(吹田版)はこちら。多摩版はこちら。(内容は同じです)

アーカイブ

ページ上部へ戻る