建築として美的であること(シンガポール・チョンバル)

(2018年7月に訪問した時の記録です。)チョンバルの中でも、たぶん一番古い時期(1930年代?)に建設されたであろう保存区画に戻ってきました。ここは「団地界の梅小路」と言ってもいいかもしれません。

今なお現役で使われているためエアコンの室外機とかぶら下がっていますが、いい状態で保たれ、アールデコの絵葉書になりそうなたたずまいです。様式美がありますね。(アールデコの中でも「ストリームライン・モダン様式」と言うようです。)

僕は「町は存続してこそ」だと思っているので、千里ニュータウンの建替による変化をすべて悪と見るような立場には賛同できないんですが、それでもこういう町が世の中にあることは、大変うらやましいです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2020年 7月 18日

好評配布中!〔無料〕

千里ニュータウンの最新状況がわかる「千里ニュータウンマップ2018」の制作をお手伝いしました。このマップは南千里駅前の「吹田市立千里ニュータウン情報館」で配布しています。2013年版も在庫があります。

好評発売中!

吹田市立博物館とパルテノン多摩の2018年共同企画「ニュータウン誕生」の展示・図録制作をお手伝いしました。図録購入(吹田版)はこちら。多摩版はこちら。(内容は同じです)

アーカイブ

ページ上部へ戻る