オリジナルは見納め(竹見台スターハウス)

ツツジサツキも咲き揃わないうちに、今年の大阪は梅雨入り。梅雨でもコロナでも、粛々と町は変わっていきます。千里ニュータウンのランドマーク的存在と言える竹見台の巨大スターハウス群も、唯一、オリジナルの外壁を残していたC28棟(左)が解体に入りました。

角にあるC27棟(中央)は数年前に外壁補修されてしまっているので、これでオリジナルの姿はさようなら…。右手奥にあったC26棟はすでに101棟に建て替えられ、C28棟の位置にもスター風の新棟が建つようですが、C27棟も最終的には取り壊されるようです(その跡がどうなるのかは、わかりません)。

この一角に関心のある方は、こちらもどうぞ。千里ニュータウンの入口に、住めますよ!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

好評発売中!

樹林舎刊の写真集『吹田市の昭和』の千里ニュータウン部分を中心に、コラム執筆や写真のアレンジ、事実関係の確認などを担当しました。限定1,500部。書店でお申し込みください。

好評配布中!〔無料〕

千里ニュータウンの最新状況がわかる「千里ニュータウンマップ2018」の制作をお手伝いしました。このマップは南千里駅前の「吹田市立千里ニュータウン情報館」で配布しています。2013年版も在庫があります。

好評発売中!

吹田市立博物館とパルテノン多摩の2018年共同企画「ニュータウン誕生」の展示・図録制作をお手伝いしました。図録購入(吹田版)はこちら。多摩版はこちら。(内容は同じです)

アーカイブ

ページ上部へ戻る