UA-148035908-1

バンコクのニュータウン(戸建住宅編)

蜃気楼のような白い集合住宅群に続いて現れたのが、真新しい戸建住宅街。
どこでも赤い寄せ棟の屋根、白い壁、きっちり四角形に並んだ同じ大きさの画一的な街区構成…と、共通した特徴がありました。これは飛行機の上や自動車の中から通りがかりに見たので、前もって調べていったわけではありませんから、あるいはもっと工夫したニュータウンらしいニュータウンが、他にあるのかもわかりません。
しかしまあ、こういう家に住んでいるのはたぶんホワイトカラーのサラリーマンで、そこそこ知的な職業で、ママはきっちりとお洒落していて、子供の教育には熱心で、家電製品や自家用車も揃っていて、かと言って「富裕層」と言うほどでもなく…と、千里ニュータウン的ライフスタイルを想像してしまいますね。タイの既成市街地とは全然違っていて、むしろ日本のニュータウンに近い町並みです。
ニュータウンは、世界中にあるのです!

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

好評配布中!〔無料〕

千里ニュータウンの最新状況がわかる「千里ニュータウンマップ2018」の制作をお手伝いしました。このマップは南千里駅前の「吹田市立千里ニュータウン情報館」で配布しています。2013年版も在庫があります。

好評発売中!

吹田市立博物館とパルテノン多摩の2018年共同企画「ニュータウン誕生」の展示・図録制作をお手伝いしました。図録購入(吹田版)はこちら。多摩版はこちら。(内容は同じです)

アーカイブ

ページ上部へ戻る