UA-148035908-1

どこかで見た雲形幹線街路(ハワイ・ミリラニ)

ハワイのニュータウン「ミリラニ」ですが、「千里と似てる!」と思ったのがこの街区パターン。丘陵の地形に沿って雲形を描く幹線道路に、通過交通を防ぐ細街路のクルドサック(行き止まり)に…。マーカーで黄色く塗ってあるのがレクリエーション・センターです。左下から斜めに突き抜けているのが、ホノルルからオアフ島の北側に向かう旧の幹線道路で、この道路が町の背骨(新御堂筋?)になっていますが、今はこの写真の右端をはずれたあたりにハイウェイが開通していて役目を譲り、さらにその向こうまで町が拡張されています。写真の右から1/3あたりに「タウン・センター」と書かれたショッピング施設があります。

千里や日本の多くのニュータウンでは戸建街のクルドサックからは人だけが歩いて通り抜けられるフットパス(歩道)が接続していますが、ここではそういうものはありません。「移動はクルマ!」と割り切っているようです。鉄道?駅?そんなものはありません。ここはアメリカです!(路線バスは走っていますが年寄りと高校生しか使っていないそうです…)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

好評配布中!〔無料〕

千里ニュータウンの最新状況がわかる「千里ニュータウンマップ2018」の制作をお手伝いしました。このマップは南千里駅前の「吹田市立千里ニュータウン情報館」で配布しています。2013年版も在庫があります。

好評発売中!

吹田市立博物館とパルテノン多摩の2018年共同企画「ニュータウン誕生」の展示・図録制作をお手伝いしました。図録購入(吹田版)はこちら。多摩版はこちら。(内容は同じです)

アーカイブ

ページ上部へ戻る