遠くの町の仲間たち…湘南ライフタウン

神奈川県藤沢市と茅ヶ崎市にまたがる「湘南ライフタウン」。(…という話は前にも一度だけご紹介しました)
このニュータウンには、ニュータウンの中に城址公園があります。ちょっと風情のある石畳と高層団地群のとりあわせ、なかなかいい感じです。
ニュータウンという存在はおもに住宅地に用途純化されている人工都市だというイメージが強いですが、あちこち見て歩くと、ジャンプ台があったり、ヨットハーバーがあったり、ロケットが置いてあったり、滑走路があったり、古墳があったり、観覧車が回っていたり…「ないものはない」というぐらい、多彩です。
この「湘南ライフタウン」は黒川紀章氏が基本設計を造ったことで知られていますが、氏は「共生の思想」にのっとって元からあったものを立ち退かせるということを一切しなかったため、いろいろなものを抱え込んだ町になり、するとニュータウンなのにニュータウン的でなくなってしまった…という話を読んだことがあります。
でも「排除をしない発想」というものは、やはり大切なことなんじゃないだろうか。氏も鬼籍に入られた今、ニュータウンと城跡の組み合わせは、何かを語りかけているようです。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

好評配布中!〔無料〕

千里ニュータウンの最新状況がわかる「千里ニュータウンマップ2018」の制作をお手伝いしました。このマップは南千里駅前の「吹田市立千里ニュータウン情報館」で配布しています。2013年版も在庫があります。

好評発売中!

吹田市立博物館とパルテノン多摩の2018年共同企画「ニュータウン誕生」の展示・図録制作をお手伝いしました。図録購入(吹田版)はこちら。多摩版はこちら。(内容は同じです)

アーカイブ

ページ上部へ戻る