町を語る人(イギリス・レッチワース田園都市)

(2013年8月に訪問した時の記録です。)この時のツアーではJUDI(都市環境デザイン会議)のアレンジにより、到着後さっそく田園都市の管理運営を行っている財団を訪問し、懇切なオリエンテーションとご案内を受けることができました。

前に一度アップしましたが、この財団の建物というのが、かつて紡績工場として造られた建物をリノベートした、それはそれは立派なもの。日本からやってきたニュータウンマニアとしては、早くもノックアウト状態です。

レッチワース田園都市は1903年のスタート以来、決していつも盤石だったわけではなく、世界大恐慌、第二次世界大戦など幾度もの「危機」と時代の変化を乗り越え、今日に至っています。しかしとにかく「売って終わり」ではなく、土地を保有しながら、理念が崩れないように、かつ時代に取り残されないように、「民間組織(財団)が町を運営する」という枠組みを続けてきました。それは外形的なことだけではなく、背骨となる「理念」をたえず再認識・解釈し直してきたということです。

数十分のご説明は、田園都市の成り立ちから最新の課題・取り組みまで、110年の足跡をコンパクトにまとめた真摯でわかりやすいものでした。そして町には、このような「町を語る人」が必要だということが、今も強く印象に残っています。

さあて、いよいよ田園都市見学に出発です!(つづく

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

好評発売中!

樹林舎刊の写真集『吹田市の昭和』の千里ニュータウン部分を中心に、コラム執筆や写真のアレンジ、事実関係の確認などを担当しました。限定1,500部。書店でお申し込みください。

好評配布中!〔無料〕

千里ニュータウンの最新状況がわかる「千里ニュータウンマップ2018」の制作をお手伝いしました。このマップは南千里駅前の「吹田市立千里ニュータウン情報館」で配布しています。2013年版も在庫があります。

好評発売中!

吹田市立博物館とパルテノン多摩の2018年共同企画「ニュータウン誕生」の展示・図録制作をお手伝いしました。図録購入(吹田版)はこちら。多摩版はこちら。(内容は同じです)

アーカイブ

ページ上部へ戻る